仙ノ倉山北尾根

  • 期間 2019-04-06~2019-04-07
  • メンバー L田中(35期)、保岡(32期)、小林英(25期)
  • 記録 田中

(この山行記録は後ほど加筆予定です)

3/2~3に仙ノ倉山北尾根に挑戦したが、強風のためシッケイノ頭手前で撤退した。
今回はリベンジマッチであり、天気予報が悪かったので危ぶまれたが結果は大正解。初日の時間を長く取れるように土樽でカービバークし、早朝から行動できたことと天気が崩れなかったことが勝因となり、初日に仙ノ倉山頂まで到達し、リベンジマッチを制した。

■4/5(金) 雨
金曜日の喧騒から抜け出し、自宅へ急ぐ。これから東松山経由で土樽まで。関越高速道路で群馬県に入ると雨が降り始めた。嫌な予感に貫かれるが国境の長いトンネルを抜けるとせめて雪であって欲しいと切に願う。しかし、新潟も雨だった。なるようになれと、コンビニで行動食など買い物をするが仮眠時間をできるだけ長くとりたいので寝酒のチョイスなんかにこだわっていられない。土樽駅に1時頃到着し、酒やビールを飲んで、なぜか保岡さんのサバみそ缶詰を美味しくいただき、就寝した。

■4/6(土) 晴れなれど風強し
5時に起床し、食事、駅のトイレをお借りしてから毛渡橋に車を進めた。前回3月はここから雪の回廊を歩いてJR上越線、関越高速道を潜ったが、今回は除雪されており、平標方面への分岐まで車で行けた。ここでも時間短縮でき、車作戦の戦果が上がった。
6時50分アプローチ開始。群大ヒュッテまでつらい平面の道のりを行く。雪が腐っていて、ところにより、凍っている、足首まで、太ももまで踏み抜く、の3パターンがランダムに発生し、精神と脚の筋肉にダメージを与える。8時30分に群大ヒュッテに到着。
前回は小屋場ノ頭まで最短距離で直登したが今回は北尾根の稜線の末端からアプローチした。群大ヒュッテ前の橋を渡って、左の林道沿いに回り込み北尾根が発生するところから登り始める。
木々の根元に赤いペンキがつけられルートであることの確信を得た。この付近から土樽駅でビバークしていた4人組パーティと合流し、共同ラッセルを組んだ。相手のパーティは装備がバラバラでワカン装備が4名中2名、他2名はツボ足だ。男女2名ずつなのだが男性1名(ワカン)のみが強く、一人でラッセルしていた。結局我々3名、4名パーティの男性1名と単独カメラおじさん1名の5名で交代しながら小屋場ノ頭までラッセルした。我々は小屋場ノ頭を越えた平坦地で行動食一本。
ここからはナイフリッジとシッケイノ頭までの急登が始まる。体力的に厳しいが変化に富んで楽しめる。前回テントを張った1600mあたりで単独カメラおじさんが引き返し、4名パーティが幕営準備に入った。我々はこの好天の間に最低限シッケイノ頭まで、あわよくば、その先のピークまで歩みを進めたい。
ナイフリッジは、前回は雪面が弱かったので稜線にピッケルを刺しキックステップで横歩きして突破したが、今回は稜線にトレースがある部分と雪面が崩壊してキックステップ&トラバースの部分があった。ナイフリッジ後の急登は頭を空にしてひたすら黙々と歩を進める。
前回のテント場を過ぎ、シッケイノ頭へのキックステップの急登からの広い斜面は低木沿いに登る。「ドン!」という音がした。いきなり。雪庇か斜面かどこかの雪面に亀裂が入ったようだ。進路をさらに低木寄りに切り替えてスピードを上げると今度は踏み抜く。地下に広い空間が開いていて踏み抜いた足がぶらぶらする。仲間に引き上げてもらい、恐る恐る進むと広々としたシッケイノ頭に出た。当初の予定ではここで幕営だが明日の天候が怪しいので行けるところまで行くこととした。
シッケイノ頭から小高いピークが見える。すわ!仙ノ倉山かと思いきや高度が足りなさそう。実際は山頂の二つ前のピークだった。風で雪が飛ばされ、半分氷化した斜面を逆ハの字とキックステップでよろよろと登る。もう両足の太ももが悲鳴を上げている。限界だ。自分はこういう時は歩数を数えて気を紛らわせる。次のピークまで200歩くらいかなどと考えながら歩む。また、先を行く仲間たちに置いてけぼりを食わないように頑張ることも支えになる。滑落しないようにピッケルで確保することだけに集中して気が付けば山頂に立っていた。自然と握手が出る。風が強く、目出帽の口の部分が凍ってしまう。
早々に山頂を辞して、風が多少弱くなる2021m手前鞍部の風下(南)側にスコップでL字を切ってテント場とトイレを設営した。
テントに入ると風の音は激しいがお茶とおちゃけで天国状態になった。何を飲んでも何を食べても美味しい無敵状態になり、4時起き6時出発を約し就寝した。

■4/7(日) 晴れときどき曇り
4時に起きて5時50分に出発。テント撤収はF1ピットクルー並みの滑らかなチームワークで熟練の技を存分に発揮した。昨日、4名パーティの前に出てからは仙ノ倉山頂まで踏み跡がなかったが、山頂からこちらには平標方面からの往復らしいトレースが付いている。今日は平標山まで緩い上下降があり、その後は下り一方だ。10時20分のバスに乗りたい。道々に「東芝ランプ」の赤い鉄製の道標があり、平標山から谷川岳肩ノ小屋までの距離を表している。日当たりがいい加減で木道や笹が露出している箇所が多い。すでに里心がついているのでサクサク下山していく。
平標の登り口に「大山祇(オオヤマツミ)」の石碑が祭られていた。今後も変わらぬ無事を祈る。松手山から踏み跡を辿ると1411mから尾根を外して東へと下り、別荘地の間の舗装路に出た。10時にバス停に到着し、越後湯沢駅へ。さらにバスで土樽へ。ところがバスの終点「土樽」は「土樽駅」ではなく集落開発センター前だったので、毛渡橋まで1kmほど歩いて車を回収した。

<行程>
4/6 平標新道分岐6:50~群大ヒュッテ8:30-8:40~小屋場ノ頭10:40-11:00~シッケイノ頭14:20~仙ノ倉山16:00~2021m手前鞍部16:10
4/7 2021m手前鞍部5:50~平標山6:40-6:50~松手山8:10-平標山登山口10:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>