仙ノ倉山北尾根

  • 期間 2019-03-02~2019-03-03
  • メンバー L田中(35期)、保岡(32期)、小林英(25期)
  • 記録 田中

(この山行記録は後ほど加筆予定です)

■3/2(土)
8:40、電車で土樽駅に集合。居合わせた山スキーの方に声をかけたところ長吊尾根とのこと。仙ノ倉北尾根とは谷を挟んで向き合うルートであり、お互いの無事を祈って別れた。駅前から雪の上のショートカットで車道に下り、毛渡橋まで歩く。車道上に雪はない。好天で気温が高く、ジャケットも要らない。毛渡橋のたもとには2台が駐車していた。ここから残雪期のようなシャーベット状の雪となり、関越道と上越線をくぐって林道に入る。その先で、先週タカマタギから下山してきた林道とT字になる分岐から毛渡沢沿いに仙ノ倉山へ向かうのだが、分岐と思われる雪面でワカンを着けて歩き始めたところで、踏み跡に釣られてタカマタギに繋がる尾根の方向に進んでしまった。踏み跡が下りに転じる気配がないので間違いに気づき修正したが、前途に暗雲である。沢沿いの道に出て、うんざりするくらい長く平坦な行程の末にやっと群大仙ノ倉山荘に到着して一服。山荘前の橋を渡って北尾根の取付きとなるバッキガ平立つことができた。
ここからは概ね南方向にかすかな踏跡を参考にしながら高度を上げていく。雪質が悪くて硬いところと踏み抜いてしまうところが混在している。踏んだと思うと沈んだりして精神的に良くないし、バランスを崩し足に思わぬ力がかかる。バッキガ平から小屋場ノ頭まで約2時間、緩やかなのは最初と最後のみで、急登が続く。進むうち傾斜が増してワカンでは登れなくなり、トラバースする箇所もあった。
IMG_4005a

小屋場ノ頭からは北尾根がシッケイノ頭の手前のピークまで見渡せる。素晴らしい景色だ。緩やかな尾根から急激に上昇した踊り場付近まで行ってテント場を探すこととした。IMG_4012p

尾根は途中200mくらいナイフリッジになっており、その前でワカンからアイゼンに履き替えた。ナイフリッジは南北に延びており、今の時間は東側がしまっていて西側は雪崩の危険性が高い。東側をトラバースした。IMG_4028

ナイフリッジを抜けると急登があり、小ピークを削ってテント場が出来たのが17:00くらいであった。IMG_40351552549812617a1552549783049

■3/3(日)
4時起、6時出発。夜半からの強風でテントのポールが曲がった。明けても風は収まらない。シッケイノ頭の手前まで行ったが体を持っていかれるほどの強風ため、撤退することにした。1552549787454

7時にはテント場まで戻って9時には群大ヒュッテ、10:30には毛渡橋。逃げ足は速かった。タクシー3,400円で越後湯沢まで行き、駅構内のお蕎麦やさんで反省会をした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>