千葉県鋸山南壁

  • 期間 2017-11-07
  • メンバー L二見(25期)、田口(22期)、船戸(30期)、宇田川(34期)、田中(35期)
  • 記録 二見

鋸山南壁、田口さん、船戸さん、宇田川さん、田中さん、二見の5名で行ってきました。
8:25 内房線浜金谷駅に集合、駅前は寒風が吹き抜けて行きます。
フェリー乗場を下見して、2km程南下、鋸山有料道路に乗ります。
つづらに登って行くと間もなく左手、石切り場にロープが下がっている絶壁が見えてきます。
右カーブの空き地に車2台止めて1分位歩いて左のぬかるんだ道を少し下ると(10分かからない)東京湾の見晴らしの良い広場に出ます。
ベンチのある浮島ロックガーデン南面(15m)、北面を観察。
道から一番手前右の林間フェースにチャレンジ、壁の右側から棚の支点にトップロープのセット。
鋸山クラブの田中さん(以前「岳樺クラブ」の方に連絡してあったので応援にきてくれました)が親切に完成済支点に案内してくださり、使わせて頂きました。

林間フェース向かって一番右、無名ルートをウォーミングアップ。
もう一本カンテの右無名ルート、そしてギャングエイジ(カンテ)5.10-。
左隅コーナー(海辺のパラダイス)5.8、ダブルマントルにチャレンジ。
PB250005PB250006

房総の貴重なゲレンデ、凝灰岩で柔らかく脆い。鷹取山の岩質と似ています。鷹取山の方が砂粒が粗いらしい。指先に痛みが走ります。
昨日の雨で濡れているのも手伝って滑ります。
日和田等、花崗岩に慣れている者にとって凝灰岩はクライミングシューズのフリクションの効き具合が違います。
宇田川さんはギャングエイジ、海辺のパラダイスを完登しました。
林間フェースは海風が当たるのを防いでくれて昼間の太陽は厚着では暑い位。
PB250010PB250011

早目に切り上げて身支度を整えていると、鋸山クラブ(?)常連のペアが林間フェース隣のフラワーロックガーデン・スーパーチャージ5.11-にマムート10.3mm70mロープで指が入るクラックを華麗に登り始めました。カム類無しで片足のみ挿入して順手と逆手を使いすいすい行きます。
PB250017

トイレは上の駐車場にあります。
松本さん推薦の「まるはま」は現在改装中で臨時休業、残念です。さすけ食堂(アジフライ)はネタ切れで、前のグループで終了。金谷食堂、並んで「房総定食」、「金谷定食」+生ビールで反省会。
南壁、途中2名が下見に来たが、後は山塾5名と鋸山グループ(?)3名のみ。
禁止されていなければ、絶好のキャンプエリア。

国道から富士山もよく見え、三浦半島まで直線で約15km。暖かいので冬場の訓練には穴場だと思います。

<メンバー所感>
■田口
25日(土)はマッタリとクライミングを楽しむことができました。ありがとうございました。
こんどは、今回臨時休業で行けなかったマルハマ浜焼きを食べに行きましょう。
楽しみにしています。

■船戸
日和田とは岩質の違う岩登り、カムの大きさなどいろいろ勉強になりました。
ヒール使い、研究してみます。
海を見ながらの一日は、とても楽しかったです。
次回、ぜき浜焼きに行きましょう~~

■宇田川
海と富士山が見えるという抜群のロケーションの中、天気にも恵まれ楽しませてもらいました。広々としていて気持ち良かったです。
砂岩は登るのは難しく力よりバランスと言ったとこでしょうか。
クラックは取り付く気にはなれませんでしたがいつかはやって見たい気も~あるような、、、
浜焼きは次回リベンジで!!

■田中
海の見えるゲレンデで快適なクライミングを楽しめました。
クライマーカップルのお二人も親切に声をかけていただき日和田などにはないのどかなムードで良かったです。
浜焼きやさんが台風の影響でクローズしていたのが残念でしたが、金谷食堂のお刺身やフライ、地酒竹岡を堪能いたしました。
鋸クラブの田中さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>